トップ > これまでのイベントindex > 2008 10月 Self-portrait展

←Back

自分とは何か?

「自画像を描くと絵が変わる」という高堀先生の言葉を真に受けて
「うまくなるらしいから、みんなで描いてみましょう!」というノリでスタートしたこの企画。
今回は「自分とは何か」なんて哲学チックで面白いかも!とつけてみた副題が、意外に重くて堅苦しいことに後で気づき
思った以上に出足が悪くてドキドキドキドキ…。でした。
   
イルカに乗って楽しそう 独特のタッチで描かれています お!?ふたり?
   
細かなところまで丁寧に描いています このモチーフのどこに自画像がはいるのかな 人を描くのは初めてです

そして、搬入日

提出された作品は、会員55枚・講師7枚・スタッフ5枚の合計67枚!
意味深なものや、好きなものと一緒に描いているもの、写真のように日常を切り取っているもの…
モチーフやモデルさんを描いた作品と何かちょっと違う雰囲気。
「自分」を描くから?かなぁ??

ずらり並んだ力作たち

   
ひととおりレイアウトして 高さや幅を調節。 斜めにならないように掛けます

展覧会がはじまりました

翌日から、さっそく「セルフポートレート展」がスタートです。

今回はカードを用意して、好きな絵に対してメッセージを書けるようにしました♪投票じゃないので何枚でも書けるし、ご本人が不在でも“観に来たよ!”というアピールになるので とっても好評でした★
出展されてない方もご多忙の中お越しいただきましてありがとうございました。嬉しかったです。
   
第1室のトップバッター いろいろな自画像がそろって 何度みても飽きないです
   
オーナーも出展 第2室は、水彩・パステルコーナー 第1室は、油彩メインでした
   
どれも魅力がいっぱいです メッセージカード 奥のウォールポケットに入れます
   
クラスの合間にみんなで来てくれました! 何十年も昔に描いた自画像だそうです 見応えがありますねぇ
   
あ! 発見☆ 似てるー。

とうとうクロージング

最終日は、搬出かねてのクロージングパーティーでした。
始まりの言葉のあとは、アトリエで制作した名刺(会員番号と自画像付き)を交換しながら、歓談です。
いろんな方と話すきっかけができて、あとから見直して名前を覚えることができるので有意義な時間になりました♪
これは、エビス展でもやったら楽しいカモ。
   
最初は 照れながらでしたが 声を掛けてもらえるとうれしいので
   
どんどん名刺交換してました 先生も一緒に はい ちーず
   
高堀先生が講評されてます… お次は2室で山中先生 んーどれどれ?
   
ちょっと朦朧としてる山中先生 山本先生が講評中 自画像と一緒に!
   
顔がツりそうー。 縁もたけなわ 高堀先生からの締めのお言葉

宴のあと

搬出作業のあと、お手伝いいただいた会員さんと残って感想会。
いつもお手伝いしていただいて助かっています。

みなさん、ありがとうございました♪
 


←Back