トップ > これまでのイベントindex > 2008年第2回デッサンスクーリング

←Back


1日目「ネガとポジ」
弘重ギャラリーで初めて開催する講習会。「アトリエ・エビス夏の教室 デッサン集中スクーリング」が始まりました。
夏の4日間、各回で新しいテーマに沿って挑戦していき、デッサンのコツや考え方を深めていくことが目的です。
担当講師は山本講師と後輩の福島講師です。
   
初日はちょっと曇り空 ちょっと緊張気味の福島先生 講習会の内容は山本先生が監修しました
   
1日目のモチーフはこのユリです 黒の画用紙に白い鉛筆で描きます 構図を思案中…
   
10時から描きはじめて 12時までの2時間 休憩なしで描きつづけます
   
昼食の時間~ お弁当組はみんなで食べました のこり4時間、集中です。
 
山本先生が描いたお手本 みなさんの作品、ずらり
 
講評会をはじめますよー 一人ひとりの作品についてアドバイスしていきます
2日目「パースが描けますか?」
2日目はパースについて実践していきます。
パースは、絵を描き始める時にまず皆さんが一番最初につまずくところです。
モチーフを見ただけで、尻ごみしてしまいそう…
皆さんは描けるかな???
   
モチーフ(斜め上からの図) 横から…どこから見ても難しそうです うーん
   
最初 あたりをつけるだけでも ひと苦労でした
土曜コースの作品たち
こちらは日曜コース みなさんお疲れ様でした!
3日目「白と黒の世界」
今回のモチーフは2つにわかれています。一室は「白のモチーフ」と二室は「黒のモチーフ」です。
早く会場に到着した人から好きな部屋に入っていただきました。
質感の違いを描き分け、それぞれのビンの空間も表現していきます。
   
白のモチーフ 黒のモチーフ 黒の部屋の方は、どんどん塗っています
   
だんだん皆さんの空気も柔らかい感じに 休憩時間に ワイワイお話しして気分転換
 
福島先生も慣れてきました 今回のテーマは、前回に比べて楽しかったようです。
4日目「魔法の鉛筆」
とうとう最終日。
この不思議なタイトルは、一体どんな意味なのでしょうか!?

最初のユリに比べて、モチーフはだいぶ複雑になっているのですが、意外に皆さんスムーズな描き出し。
カガミや透明なガラス・水の表現等、初めてのモチーフにも物怖じしないでどんどん描き進めていました。
すごい☆
   
4日目のモチーフはこちら! 最初に先生がポイント説明をしました
   
講習会も、もう最後… オーナー&スタッフで宴の食事を作りました★
   
   
   
   
   
お疲れパーティー♪
最後の講評会が終わったら、打ち上げパーティーのスタートです
3日目に描いたモチーフのワインをみんなで乾杯しました。
自己紹介や今回の講習会の感想を話して、ゆったりしたパーティーでした。
   
今回は手づくりいっぱいです♪ モチーフのワインを開けました。 おいしかったかな?
   
力を出し切って、ちょっと放心 かんぱーい アトリエオリジナルの通信簿です!
東京都渋谷区恵比寿

Copyright 2005(c) by Atelier Ebis all rights reserved