トップ > 会員エッセイindex > 2011年2月号

2011年2月号

■川嶋陽介講師
エビス人体クラス・オモ静物クラス講師


私の作品はまず見ることからはじまります。
この事は簡単な様で、とても奥深い事です。
例えば林檎を描くとすると、始めのうちは
“赤い○(マル)に棒が突き刺さっている”
くらいにしか思いません。
しかし、よく見ると林檎が意外と赤くない事や、
意外と丸くない事が、段々と見えてくるのです。
普段モノを見ているようで見ていない事に気が付かされます。
という事は、絵を描いていると、普段見過ごしていたようなモノも見えてきたり、
今までボンヤリしか見えなかったモノが、
よりいっそうはっきりとした輪郭をもって見えてくるのではないか?
ソコに絵を描く楽しみがあると思います。

絵は技術ではありません。
皆さんの絵を見ていると
「あ、なるほどそんなふうに見えてるのか~」
とこちらが気が付かされる事も沢山あります。
そんな絵程「いい絵だな」と思えるものが多いのです。

皆さん、是非自分がどんな世界を見ていたのか、
気が付いて、その世界を豊かに広げるために
アトリエに描きに来てください。

2月から、木曜日に人体コースを。
また、毎月第一木曜日の夜間は皆さんに混ざって私もクロッキーに参加させて頂きます。
人は人に接する機会が沢山ありますが、
それ故に見てるようで見ていない事も沢山あり、興味の尽きないモチーフです。
是非自分の世界を楽しんで下さい。



◇プロフィール

1978年 埼玉県に生まれる
2004年 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
趣味:鰻釣り
サイト:「Yousuke Kawashima Work's






<< 前の月     会員エッセイ目次     次の月-->