トップ > 会員エッセイindex > 2010年9月号

2010年9月号

■山本 雄三先生
火曜静物クラス担当講師


「前田寛治大賞展の受賞について」

私はこの度の前田寛治大賞展が三回目の出品で、
出品規程の年齢制限(45歳)においてもギリギリ・・・
泣いても笑ってもこれが最後の出品でした。

しかし、搬入の1カ月前までは三越の個展の制作に追われ、
「最後だから、悔いのないように全力を尽くそう」
という気持ちの切り替えも出来ないまま、真っ白な画面に向かうことに・・・。
逆にそれが良かったのか、余計な肩の力も抜けて、自然体で制作に臨めました。
結果、幸運にも恵まれ、前田寛治大賞展大賞という名誉ある賞を頂くことが出来ました。

山本雄三先生作品

■山本 雄三

 現独立美術協会会員
 独立美術協会会友・98新人賞・99奨励賞


1964年生まれ
趣味:野球・小動物を飼うこと
サイト:「yuzo yamamoto official site」

これも一重に、
今までの人生において気力も体力も最も充実した
35歳~45歳の生活を、精神的・金銭的にも
ずっとサポートして下さった
アトリエ・エビス(オーナー夫妻、誠さん・裕子さん夫妻、 スタッフ、生徒さん)をはじめ、
家族、先生、友人、画廊・百貨店スタッフ、
皆さんのお陰だと心より感謝しております。

この場をおかりして、改めてお礼申しあげます。
本当にありがとうございました。

山本雄三



<< 前の月     会員エッセイ目次     次の月 >>